- MacとiPodの甘~い生活 -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
I found the part!
以前の投稿でiPhone 4をバラしたときに未確認パーツを見つけたのですが、そのパーツの出所がやっとわかりました。海外サイトですがココに詳細が載っています。そして証拠写真はコレ。いや~、ひとまずWiFiとGPSのヨワヨワ電波の悩みも解決されそうです。

ついでにしばらく服役中だったSIMカードもあっけなく脱獄成功。取り出してカッターで若干切り取ってバリをヤスリで削ったりして元に戻してみました。が、やはりまたハマった。こりゃSIMカードの問題じゃなく、本体のゆがみなのではないだろうか。とりあえず取り出し方のコツはわかったのでよしとしよう。やれやれ‥‥。
スポンサーサイト
SIMカードが囚われの身に‥‥。 香港版iPhone 4 SIMカード救出作戦
前回のSIMカード捕虜事件からの続き‥‥。ピン穴をつついてトレイを出そうとしてもどーしても途中で止まって出てこない。iPhone本体を振ってみたり、軽くたたいてみても改善せず。ああ、なんか絶望‥‥。

で、いろいろ調べてみるとiPhoneシリーズでこれをやっちゃった人が結構いることが判明。そして解決方法は‥‥‥、今のところバラシしかないらしくさらにショック無限大。まあしかしココココにバラし方が書いてあるし、ココにも手順がわかりやすいムービーがあるので思い切って挑戦してみました。以下、手順は細かいことは割愛させていただきますが‥‥。

operation_simrescue.jpg

裏のカバーを開けてバッテリを取り出し、ネジをひとつひとつ外していってみたものの肝心のSIMトレイまで行くのは奥が深い。ロジックボードまでがっつり外さないとダメかも。こりゃもう手が終えないと思いiPhone修理を行っているパイオニアエッグというところに連絡を取ってみたら細かいアドバイスをいただきました。

パイオニアエッグさんによるとSIMトレイがロジックボードにくっついており、しかもこのトレイを抜かないとロジックボード自体を外せないんだとか。完全に袋小路に入り込んでしまったと諦めモードになりつつ、再度ピンを差し込んでみると難なくSIMトレイが出てきました。こりゃ多分バラシてる間に運良くSIMが動いてうまい具合に外れたんだろうか(小躍り♫)。

ダミーのSIMが外れたところでソフトバンクのSIMに入れ替えるしかないっしょってことで、思い切ってSIMをカット。今回は丁寧にバリをトリミングしてSIMトレイにセット。エイヤっとiPhone 4に入れてみると見事認識して問題なく使えることが確認できました。

sb_simcut.jpg switch_sim.jpg

sb_sim_insert.jpg iphone4_siminok.jpg

問題ない‥‥? いや、後になって気づいたのですがSIM救助でバラした際に正体不明のちっこいパーツが余っていたんです! バラシサイトのパーツ写真と見比べてみたのですがいったいどこのパーツなのか全くわからず。そしてパイオニアエッグさんに再度サポートをお願いしたところ、どこかを固定するパーツだがなくてもおそらく問題なさそうってことでそのまま閉じてしまいました。とりあえず問題なく動いてるしパーツはそのまま残してあるのですが、きっちり復元できなかったので気持ち悪いね。

このパーツの出所がわかる方、いらっしゃったらぜひ情報提供お願いします r(^^;)

unknownparts1.jpg unknownparts2.jpg

今回行ったiPhone 3GSからiPhone 4香港版へ移行は、完全にサポート対象外だし、カットSIMの破損、牢獄(w)の危険性が伴うので完全に自己責任ですわ。ちなみに現在、無事にソフトバンクSIMカードが使えてはいるものの、またSIMトレイが引っかかってて取れない症状があるのでこれも次回機種変更時までにどうにかせねばw
中国北京のApple Storeに行ってきた - 忘れちゃいけない苹果と煎餅と北京烤鸭 -
超ひさしぶりに中国北京に行ってきました。今回は仕事2割、観光8割というほぼ遊び比率の高い中国訪問。その遊び8割の中の5割が中国唯一のApple Storeを訪ねるっていう勝手なミッションw 香港や台湾にもアップル製品取扱店はあるけど、日本を除くアジアで直営店があるのはここ北京のApple Store 零售店のみなんだな。というわけで行ってきました中国的苹果店。

Apple Store 零售店は、あの有名な天安門広場や紫禁城から北東に行った北京市内の三里屯という場所にあります。地下鉄の东四十条站が最寄り駅みたいだけど、三里屯まで結構距離があるので慣れてる人はバスのほうがオススメ。途中で飯屋に飛び込んだり写真撮影をしたい私はテクテク歩いて行きました。徒歩20分くらいかな。そして、到着した三里屯にはシャレたレストランやカフェ、バーなどが軒を連ねています。東京で言う六本木とか表参道みたいな感じ。 

a_store_beijing_face.jpg a_store_beijing_waterworks.jpg
これがApple Store 零售店の門構え。アップルマークは目立つんだけど三里屯VILLAGEの中のほうにあるので大通りからはよく見えません。でも外側にはUNIQLOとかあるからすぐわかります。ストアの目の前にはこんな噴水があります。それにしても外国人が多いな‥‥(私もですが)。

a_store_beijing_1f1.jpg a_store_beijing_1f2.jpg
App Storeiconの中に入るとまず1階はiPodコーナー。新しいiPod shuffleが展示されてたけど、中国には安くてコンパクトタイプなMP3/MP4プレーヤーがいくらでも出てるんであまり人気はなさそう。やっぱりここでもiPod touchが人気な様でスタッフさんが熱心に説明してました。そういや、iPhone 3Gの中国進出はいつになるのやら‥‥。ってか、私個人はもろパクリの中華携帯「iorgane」がメチャ気になるんだけどなあw

a_store_beijing_seminer.jpg
さて、奥にはMacコーナーがあってこちらではMac本体が並ぶ中、iLife '09iWork '09のプチセミナーをやってました。メイン言語はもちろん北京語だけどここのスタッフさんたちはほとんど方が英語もしゃべれるみたい。ちなみにApple Store 零售店の広さは、だいたいApple Store 渋谷と同じくらいです。

a_store_beijing_ipodcases.jpg a_store_beijing_2f.jpg
そして2階に上がると周辺機器コーナー。こんな風にケースやスピーカーなどのiPodアクセサリMacソフトウェアMacアクセサリがズラッと並んでいます。

fudao_case.jpg
せっかく北京のApp Storeiconに来たのでここでしか販売されていない商品があるのかなと探してみたら、iPod touch 2GiPod nano 4G用のオリジナルケースを発見。背面に福が逆さになったロゴが入ってます。なんか不吉に思うけど実はこれ逆の意味なんです。中国語で福が倒れて逆さまになる「福倒(fu dao)」と福が来る「福到(fu dao)」が同じ発音であることをかけた中国の縁担ぎなんです。さらに赤と金色というこれまた中国で非常に縁起の良い色を使ってるありがたーいiPodケースみたいです。ここでしか売っていないオリジナル製品だし個数限定、そして既に生産終了してるとのことなのでApple Store 零售店を訪れた際にはお土産にひとつやふたつ、ぜひどうぞw

a_store_beijing_geniusbar.jpg
そして2階の奥にはGenius Barもありました。MacBook ProMacBookの修理や操作アドバイスをされている人もいれば、Mac Proを数台持ち込んでサポートを受けているパワフルな中華アップルユーザーもいました。多分、映像、オーディオ系の方々なのかな。

a_store_beijing_modelshoot.jpg a_store_beijing_model.jpg
帰りがけにストアの1階で女性モデルを使ったヘッドホンらしき製品の写真撮影をしていたのでパチり。付き添いのマネージャーに「不好意思!」と怒られてしまいましたが、距離をあけて外からEOS 40DにくっつけたCanon EF-S55-250mm F4-5.6 ISでもう1枚パチり。やっぱ旅行には200mm以上の望遠レンズが便利だわ。今回、広角はコンデジIXY DIGITAL 110 IS、望遠はEOS 40DCanon EF-S55-250mm F4-5.6 ISで備えたのが大正解。今後の旅カメラ装備はコレで行こう!

それにしても今回の北京訪問で使ったパ●ス●ン航空はヤバかったなあ‥‥。あのオイニーがツイキーな機内と泥みたいにマズい食事(塩&コショウ添加で味をごまかすという屈辱)は二度と経験したくないw まあ近距離フライトで格安なら我慢して使うという手もあるけど、次回からは意外に安いJALで行きたいですわ。

中国的苹果人们很好强大的...

テーマ:Mac - ジャンル:コンピュータ

Something wrong with Apple Store maintenance page!? - ああ、恥ずかしい間違い発見 -
wellbebacksoon.jpg

あ~、Apple StoreがWe'll be back soonになったべ(3月3日21時50分現在)。んでメンテナンスページをリロードしつつ眺めてるとなんか変‥‥。ん? ォィォィ‥‥、台湾の表記が日本になってるぞ!

taiwan_japan.jpg

こうゆう間違いはやめておくれよ、アップルさん! チェック体制に不備アリ。イカンねえ‥‥。台湾の皆様失礼しました! 日本のMacユーザーを代表して大好きな台湾の方々に謝ります。非常抱歉, 台灣大家!! ふぅ‥‥、というわけで、アップルに間違いを指摘するべ。

さーて、噂のごとく、iMacMac Proなどが出るんだろうかねえ‥‥。金はないしプロじゃないけどMac Proが欲しいw

借鑒他人矯正自己

テーマ:Mac - ジャンル:コンピュータ

iLife '09のiPhoto「人々」機能がスゲェ - 人、人、人、犬は? -
Macworldでの発表からずーっと気になっていたiLife '09をゲットした。お目当てはメチャ良さげにアップデートしたiPhoto '09。もちろん、iMovie、GarageBand、iWeb、iDVDも気になるんだけど、私がほぼ毎日使ってるのがiPhotoなんだよね‥‥。写真好きには外せないソフトなのである。

ilife09.jpg

さて、今回のiPhoto '09の目玉はなんと言っても「人々」機能。iPhotoを起ち上げると、まず写真上の人々の顔をスキャンしてくれます。この「人々」機能、正面はもちろんですが横向いてようが、上向いてようが、うつむいていようが、多少暗かろうが、ブレていようが結構な精度でピックアップしてくれます。

loading.jpg

ちなみに人ゴミとかだといらん人まで検出してしまうこともありますが、後ほど手動で消せるので大丈夫。しっかし看板やポスターの顔写真、マネキン、仏像なんかもピックアップしちゃうのはどうなんだか‥‥。まあでも、こうゆう誤認識は長年ことえり使いの私から言わせればMacのご愛嬌。余裕を持って楽しみましょうw

fumeinahito.jpg

そして、スキャンした「人々」に名前を付けていくのですが膨大な数の写真がある場合、入力するだけで丸1日かそれ以上かかってしまいます。でもこの作業が結構楽しい。新しいものから過去のものまで、自分の生い立ちや軌跡を辿って行くような感覚で自分の写真を見返せる良い機会になります。まるで卒業アルバムや結婚式の馴れ初めのように‥‥。それにしても太ったなオレ、とかw

doem.jpg hkgirls.jpg

「人々」を入力するとiPhotoが学習するので、顔検出能力もアップしていきます。そして、新たに追加された写真で似たような顔を見つけると、「○○さんですか」といった具合に候補が出てくるので人名入力はさらに楽になります。入力すればするほど賢くなっていく「人々」機能、なかなか秀逸。

そして、入力した「人々」はこんな感じでコルクボードに貼り付けて一覧で見れちゃいます。そのあとスマートアルバムでまとめたり、スライドショーにして楽しむこともできちゃう。人で写真を管理するってのは他のフォト管理ソフトにはなかったよな‥‥。iPhoto '09、すばらしい!

people.jpg a_dog.jpg

ちなみに人の顔以外、例えば動物とかも検出してくれるかなと期待してたのですができませんでした。おそらく、目×2、鼻、口の4点で人の顔として認識しているんだろうなあ。でも手動で名前を付けられるのでワンコロとかにも追加してみる。もちろん自動検出は無理だけど、写真に写っているペット、いろんなオブジェをメモっぽく管理することもできそう。いやぁこりゃ使い方無限大かも。この「人々」機能、今後のアップデートでさらに精度が向上したり新機能が追加されることを期待してますわ。

airplane.jpg roastduckrice.jpg

そしてもうひとつの新機能といえば、写真に埋め込まれてるGPS情報を元に管理できる「撮影地」。Google マップを使った地図に追加されるので、どこで撮影した写真か一目でわかる。なかなかすばらしいのだが、私はGPS付きのカメラなど持っておらんのですよ‥‥。まあ「撮影地」は手動で追加することもできるけど入力がかなり面倒だし、なによりどこで撮影したかなんて正確に覚えてないっす!w

satsueichi2.jpg satsueichi1.jpg

「撮影地」機能は、iPhone 3GやGPS対応デジカメをターゲットにしてるんだろうから仕方ないけどさ‥‥。まあ、これからGPS対応カメラが増えていくんだろうなぁ。そうなると写真の用途が無限大に広がりそうだけど、アリバイ工作もしにくくなるというデメリットもありそうだわw

そして、iPhoto内での写真管理がこんだけ便利なのにFaceBookFlickrと連携して作った写真をオンラインで共有できるってのもすばらしい。写真はみんなで楽しもうってことなのね。あと小粒だけどアップデートしたスライドショー。新しく追加されたテーマ「粉砕」のエフェクトがなかなかカッコいい。こんな感じです。(ムービー再生が途切れる場合は、一時停止してローディングを待つべし)





そして、出来上がったスライドショーを、iPodiPhoneApple TVなどで観れるムービーに変換できちゃう。いやあ、ここまで来たら結婚式の馴れ初めとかも超簡単にできそうだわ。

slideshow_setting.jpg

そんな訳でiLife '09ですが、iPhotoだけでも十分買う価値アリですわ。使ってみないとiPhoto '09のスゴさはわからんっす。ちなみに、新しいMacを買えばiLife '09が付属してくるからお得だねえ。あぁ、そろそろMac Proが欲しいなあ‥‥(ボソッ)w

iLife '09Apple Store
iLife '09Amazon.co.jp
iLife '09楽天

照片是回憶...

テーマ:Mac - ジャンル:コンピュータ

香港 - 東京 約3000kmの長距離リモートアクセス
香港にMacBookを持ちこんで快適なMac生活を送っているんだけど、やっぱり実家に置いてきたPower Mac G5の様子が気になるんです‥‥。慣れ親しんだ環境のマシンを操作したいってのもあるんだけど、G5の中に置き忘れたアレやコレやのデータにアクセスして持ち出せたらなぁ‥‥、なんて考えてたら、あったLeopardの「どこでも My Mac」が。

「どこでも My Mac」は、インターネット経由でMacを遠隔操作できる機能。外Macと家Mac(マクドナルドの新ネーミングみたいだw)に.Macアカウントを設定してあげればうまくいくはずなのだが、実はネット環境により使えないことが多い。Mac OS X v10.5.3では、こんなエラーが出て設定変更を教えてくれてはいるけれども、どうにも不安定なんだよね。

backtomac_error.jpg

そこで目をつけたのが、iChat 4.0の画面共有。これを使うとチャットしてる人のデスクトップに入り込んでいろいろ操作できちゃうのだ。どうゆう用途に使うかっていうと、例えばMacの操作を手取り足取り教えてあげちゃうって感じ。インターネット経由で二人羽織するみたいなもんですな。しかし、これを使うには相手側は画面共有の要求を「受け入れる」操作をしなきゃいけないのである。

ichat_icon.jpg

無人くんであるG5にどうやって「画面共有の要求を受け入れる操作」をさせるのか‥‥。悩みに悩んでネットを検索してみたらありました、自動で認証してしまうAppleScript! これで無人Macにアクセスしてリモートアクセス自由自在。やり方は以下の通りです。


1. コチラから「option」+クリックでAppleScriptファイルをダウンロードします。

2. ダウンロード後、解凍した「ichatscreenautoaccept」をダブルクリックで開いて「★アカウント名、または、.macメールアドレス★」の部分をクライアント側のiChatアカウント名(または、.macメールアドレス)に書き換えて保存します。外Macから家Macを操作したい場合は、外MacのiChatアカウントになります。書き換える場所は2カ所あるのでご注意を。

3. 書き換えた「ichatscreenautoaccept」を操作したいMac(例:家Mac)のユーザ/ライブラリ/Scripts/iChatのフォルダの中に入れます。フォルダがなかったら「Scripts」という名前で新規に作成してから、スクリプトフェイルを放り込みましょう。

4. iChatを起ち上げて、環境設定→警告を開いてイベント:のプルダウンで「オーディオによる参加依頼」を選択。「AppleScriptを実行」にチェックを入れて「スクリプトを選択」で先ほどのスクリプトファイルを選ぶ。


これで、双方のiChatが起ち上がっていれば外Macから家Macの画面を操作することができるようになるはずです。ちなみに実践の前に自動認証のスクリプトが正常に動作するかどうか必ずテストしておいた方が無難です。

それから私の経験上、リモートアクセス中は余計な負荷をかけない方が良いようです。不要なアプリケーションは起ち上げず、.MacやFTPへのアクセスなどもできるだけ避けた方が無難です。以前何度か操作途中でアクセスが切れてエラーの無限ループで抜け出せなくなってしまったことがありました(無論、自宅Macのシステム終了ができなかったので同居人に終了してもらいましたがw)



それにしてもiChatの画面共有、非常に便利です。ネットワークが安定していて速度が出ていれば、結構サクサク動きます。さすがに動画やゲームは快適に行えないけど、メールチェックやWebブラウジング、原稿書きw くらいなら難なくこなせちゃいます。

私の場合は、G5をスケジュールで起ち上げてiChatを自動起動して使っています。肝心な「iChatをログイン項目に入れて自動起動」を忘れてしますと、家Macが数時間放置プレイになるので注意が必要ですわなw

そんな訳で、約3,000Kmの長距離リモートアクセス‥‥、香港 <-> 東京で毎週日曜日13時から月曜日0時まで行われおります。

雖有3000公里遠,卻感覺很近....

テーマ:Mac - ジャンル:コンピュータ

歡迎光臨! 恋し台湾 - 可愛的蘋果 -
台湾に来ています。むろん仕事なんですが、私としてはやっぱり台湾のアップルネタに触れられずにはいられない‥‥。という訳で、台湾のアップル事情に詳しいジョさんと共に台北のアップル製品取扱店に行ってきました。

台湾にも「The Apple Store(Taiwan)」はあるんだけど、Apple Store銀座のようなアップルが経営しているリアルショップはありません。とは言え、「Apple Authorized Reseller」と呼ばれるアップル製品取扱店が台北だけでも約40店ほどあるとのこと。どこでも身近にアップル製品、周辺機器に触れられるってのは香港とはだいぶ違うなあ‥‥。これじゃあ台湾のほうがアップルユーザーが多いんじゃないかなと思うけど、真相はどうなんだろ。

さて、今回行ってみたアップルショップのひとつが「Groundjay digi-tech 誠品信義店」。書店や雑貨屋、レストランなどが入っている誠品信義という巨大ビルの中にあります。非常にクリーンで純正(?)Apple Storeと比べても遜色ないほどアップルらしい造りです。毎週金曜日には、Macの基本講座なんかもやってて、お店の熱意がかなり伝わってきますな。すばらしい。

appleshop_taipei1.jpg

applestore_koza.jpg

店員さんもみんなアップル好きなオーラが漂ってて楽しそうに仕事してます。せっかくだからMacなコミュニケーションをしたかったけど、私の中国語(普通話)では話になりません。中国語、マジめに勉強しなくっては!

appleshop_2.jpg

ちなみに台湾ではアップル製品の売り上げを伸ばすためにMac本体を購入するとiPodがタダでもらえる(キャッシュバックだけど)とか、メモリが付いてくるとか、かなりお得なキャンペーンがあるんだとか。購入するユーザーはいいけどお店側は競争が激しくて大変そうだなあ。

さて、せっかく台湾のアップルショップに来たんだからココでしか買えないお土産を買っていかなければ、って思ってたら台湾式のApple Keyboardを発見!

applekeyboard_taiwan.jpg

配列はUSと同じみたいだけどキートップになにやら不思議な文字が‥‥。台湾では、漢字を偏(へん)や旁(つくり)を組み合わせて入力する「倉頡 (CangJie)」や注音字母で入力する「注音(ZhuYin)」があるのでこのような特殊なキートップなんだな。しかし、私はピンイン入力が多少できるくらいなので全く意味がないんだが、ココでしか買えないし見た目に惚れてしまったので迷わずゲットであります。

価格は1,700NTドル。1ドル3.5円なので約6000円か。日本でApple Keyboardを購入すると定価6,400円なのでちょっと安いですな。ちなみに、中国語(簡体字)でキーボードは「鍵盤」。これは普通にわかるかな。そして、マウスは「滑鼠」。滑るネズミ。可愛過ぎですヨ!w

可愛いと言えば、台湾の娘はとてもナチュラルでカワイイなあ‥‥、マイリマシタw

台灣的蘋果鍵盤,超酷、超可愛的!
台灣的女生超可愛的!


* お店の名前が間違っておりました。お詫びして修正させていただきます。對不起!! 

テーマ:Mac - ジャンル:コンピュータ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。