- MacとiPodの甘~い生活 -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
言えない秘密 - 不能説的秘密 -
実はだいぶ前から気になっていた台湾映画「不能説的秘密」のDVDを香港で購入した。周杰倫(ジェイ・チョウ)と桂綸鎂(グイ・ルンメイ)主演のファンタジーラブストーリー。なぜファンタジーなのかというと‥‥、おっとこれ以上は言えませぬ、ネタバレ厳禁w

secret1.jpg

さて、この映画で主演を務める周杰倫は初監督、そして脚本も手がけてます。しかも各シーンでのピアノテクニックはスゴいの一言! 全部本人が演奏してるとのことでファンでなくとも必見ですわ。そして、「藍色夏恋」で思春期の複雑な少女を初々しく演じた桂綸鎂も今回は一回り成長した高校生役。飛び抜けて可愛い訳でもないんだけど、話が進むにつれて愛しく思えてきます。うーん、いや、可愛いw そして、淡い色の映像と独特の世界観、ストーリーにグングン引き込まれ、途中からはもう釘付け。そして、なんとも恋しく、切なく、悲しい結末は、涙、涙、涙‥‥。

secret_sub1.jpg

観終わったあともしばらく鳥肌が立つほどのコノ感覚。感動と切なさが一挙に押し寄せてくる感じ。う~ん、これはいままでにない後味。詳しいストーリーは言えないけ、とにかく良かったなあ‥‥。既に私の中で今年の映画第3位内に入るな。うん。

日本では、「言えない秘密」という邦題で8月中旬より映画公開とのこと。興味のある方は、ぜひ観に行ってみてください。カップルで、友達同士で、家族で観に行って泣いてください。

映画『言えない秘密』オフィシャルサイト

ちなみに台北には、不能説的秘密をテーマにした「Mr.J義法厨房?北醫店」というフレンチイタリアンレストランがなんと台北醫學大學内にあります。この間の台湾出張時に連れて行ってもらったのですが、観てから行けば良かった! と後悔。でも雰囲気が良かったから満足でしたわ。観てから行けばきっともっと楽しめるはずだから、次回、台北訪問時は必ずや! 

そうそう、不能説的秘密は、「Final Cut Studio」を使って編集されているとのこと。台湾の大スター(大袈裟?)周杰倫さん本人は、MacユーザーでMacBook Proの17インチモデルを使っているのだとか‥‥。すばらしい。そして、台湾大好き!www

我還有不能説的秘密....、你呢?
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

香港 - 東京 約3000kmの長距離リモートアクセス
香港にMacBookを持ちこんで快適なMac生活を送っているんだけど、やっぱり実家に置いてきたPower Mac G5の様子が気になるんです‥‥。慣れ親しんだ環境のマシンを操作したいってのもあるんだけど、G5の中に置き忘れたアレやコレやのデータにアクセスして持ち出せたらなぁ‥‥、なんて考えてたら、あったLeopardの「どこでも My Mac」が。

「どこでも My Mac」は、インターネット経由でMacを遠隔操作できる機能。外Macと家Mac(マクドナルドの新ネーミングみたいだw)に.Macアカウントを設定してあげればうまくいくはずなのだが、実はネット環境により使えないことが多い。Mac OS X v10.5.3では、こんなエラーが出て設定変更を教えてくれてはいるけれども、どうにも不安定なんだよね。

backtomac_error.jpg

そこで目をつけたのが、iChat 4.0の画面共有。これを使うとチャットしてる人のデスクトップに入り込んでいろいろ操作できちゃうのだ。どうゆう用途に使うかっていうと、例えばMacの操作を手取り足取り教えてあげちゃうって感じ。インターネット経由で二人羽織するみたいなもんですな。しかし、これを使うには相手側は画面共有の要求を「受け入れる」操作をしなきゃいけないのである。

ichat_icon.jpg

無人くんであるG5にどうやって「画面共有の要求を受け入れる操作」をさせるのか‥‥。悩みに悩んでネットを検索してみたらありました、自動で認証してしまうAppleScript! これで無人Macにアクセスしてリモートアクセス自由自在。やり方は以下の通りです。


1. コチラから「option」+クリックでAppleScriptファイルをダウンロードします。

2. ダウンロード後、解凍した「ichatscreenautoaccept」をダブルクリックで開いて「★アカウント名、または、.macメールアドレス★」の部分をクライアント側のiChatアカウント名(または、.macメールアドレス)に書き換えて保存します。外Macから家Macを操作したい場合は、外MacのiChatアカウントになります。書き換える場所は2カ所あるのでご注意を。

3. 書き換えた「ichatscreenautoaccept」を操作したいMac(例:家Mac)のユーザ/ライブラリ/Scripts/iChatのフォルダの中に入れます。フォルダがなかったら「Scripts」という名前で新規に作成してから、スクリプトフェイルを放り込みましょう。

4. iChatを起ち上げて、環境設定→警告を開いてイベント:のプルダウンで「オーディオによる参加依頼」を選択。「AppleScriptを実行」にチェックを入れて「スクリプトを選択」で先ほどのスクリプトファイルを選ぶ。


これで、双方のiChatが起ち上がっていれば外Macから家Macの画面を操作することができるようになるはずです。ちなみに実践の前に自動認証のスクリプトが正常に動作するかどうか必ずテストしておいた方が無難です。

それから私の経験上、リモートアクセス中は余計な負荷をかけない方が良いようです。不要なアプリケーションは起ち上げず、.MacやFTPへのアクセスなどもできるだけ避けた方が無難です。以前何度か操作途中でアクセスが切れてエラーの無限ループで抜け出せなくなってしまったことがありました(無論、自宅Macのシステム終了ができなかったので同居人に終了してもらいましたがw)



それにしてもiChatの画面共有、非常に便利です。ネットワークが安定していて速度が出ていれば、結構サクサク動きます。さすがに動画やゲームは快適に行えないけど、メールチェックやWebブラウジング、原稿書きw くらいなら難なくこなせちゃいます。

私の場合は、G5をスケジュールで起ち上げてiChatを自動起動して使っています。肝心な「iChatをログイン項目に入れて自動起動」を忘れてしますと、家Macが数時間放置プレイになるので注意が必要ですわなw

そんな訳で、約3,000Kmの長距離リモートアクセス‥‥、香港 <-> 東京で毎週日曜日13時から月曜日0時まで行われおります。

雖有3000公里遠,卻感覺很近....

テーマ:Mac - ジャンル:コンピュータ

歡迎光臨! 恋し台湾 - 可愛的蘋果 -
台湾に来ています。むろん仕事なんですが、私としてはやっぱり台湾のアップルネタに触れられずにはいられない‥‥。という訳で、台湾のアップル事情に詳しいジョさんと共に台北のアップル製品取扱店に行ってきました。

台湾にも「The Apple Store(Taiwan)」はあるんだけど、Apple Store銀座のようなアップルが経営しているリアルショップはありません。とは言え、「Apple Authorized Reseller」と呼ばれるアップル製品取扱店が台北だけでも約40店ほどあるとのこと。どこでも身近にアップル製品、周辺機器に触れられるってのは香港とはだいぶ違うなあ‥‥。これじゃあ台湾のほうがアップルユーザーが多いんじゃないかなと思うけど、真相はどうなんだろ。

さて、今回行ってみたアップルショップのひとつが「Groundjay digi-tech 誠品信義店」。書店や雑貨屋、レストランなどが入っている誠品信義という巨大ビルの中にあります。非常にクリーンで純正(?)Apple Storeと比べても遜色ないほどアップルらしい造りです。毎週金曜日には、Macの基本講座なんかもやってて、お店の熱意がかなり伝わってきますな。すばらしい。

appleshop_taipei1.jpg

applestore_koza.jpg

店員さんもみんなアップル好きなオーラが漂ってて楽しそうに仕事してます。せっかくだからMacなコミュニケーションをしたかったけど、私の中国語(普通話)では話になりません。中国語、マジめに勉強しなくっては!

appleshop_2.jpg

ちなみに台湾ではアップル製品の売り上げを伸ばすためにMac本体を購入するとiPodがタダでもらえる(キャッシュバックだけど)とか、メモリが付いてくるとか、かなりお得なキャンペーンがあるんだとか。購入するユーザーはいいけどお店側は競争が激しくて大変そうだなあ。

さて、せっかく台湾のアップルショップに来たんだからココでしか買えないお土産を買っていかなければ、って思ってたら台湾式のApple Keyboardを発見!

applekeyboard_taiwan.jpg

配列はUSと同じみたいだけどキートップになにやら不思議な文字が‥‥。台湾では、漢字を偏(へん)や旁(つくり)を組み合わせて入力する「倉頡 (CangJie)」や注音字母で入力する「注音(ZhuYin)」があるのでこのような特殊なキートップなんだな。しかし、私はピンイン入力が多少できるくらいなので全く意味がないんだが、ココでしか買えないし見た目に惚れてしまったので迷わずゲットであります。

価格は1,700NTドル。1ドル3.5円なので約6000円か。日本でApple Keyboardを購入すると定価6,400円なのでちょっと安いですな。ちなみに、中国語(簡体字)でキーボードは「鍵盤」。これは普通にわかるかな。そして、マウスは「滑鼠」。滑るネズミ。可愛過ぎですヨ!w

可愛いと言えば、台湾の娘はとてもナチュラルでカワイイなあ‥‥、マイリマシタw

台灣的蘋果鍵盤,超酷、超可愛的!
台灣的女生超可愛的!


* お店の名前が間違っておりました。お詫びして修正させていただきます。對不起!! 

テーマ:Mac - ジャンル:コンピュータ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。