- MacとiPodの甘~い生活 -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
近未来的鍵盤であなたのMacはコックピットスタイル - アルミフレームキーボード「moshi celesta」-
超お気に入りのApple Keyboard(JIS)と台灣蘋果鍵盤なんですが、もっとガッチリしたキーボードがほしい。ってことでmoshiのキーボード「celesta」も使っています。私がキーボードを選ぶ基準としては、1に快適なキータッチ、2に優れたデザイン、3に耐久性。その点で「celesta」は、すべでを満たしているキーボードなんだな。

celesta.jpg

celestaのキーはパンタグラフ方式でキーストロークはMacBookの様に非常に柔らか。浅く指を滑らせるようにタイピングできてレスポンスもいい感じです。以前は、Power Mac G5に同梱されていたキーストロークの深いApple Pro Keyboardを使っていましたが、この手の浅いキータッチに馴れるともう旧式に戻れませんわな。ちなみに、celestaは900万回のキーストロークに耐えられるそうだ。これが一般的なキーボードと比べて長寿命かどうかはわからんのですが、見た目が頑丈なので私の超強力なキーストローク(特にリターン)にも結構耐えてくれそうw

celesta_top.jpg celesta_triangle.jpg

さて、肝心のデザインだけどダイヤモンドカットのアルミニウムフレームが高級な質感で非常にいいんだよね。やっぱりアルミボディは美しい‥‥。そして特徴的なのはそのボディ。大きめで重量があるけど、それがデスク上にしっかり安定してくれます。横から見るとトライアングルでエッジなシェイプがかっちょいいです。

あとキーボードとパームレストが一体になっているのもポイント。このパームレストがあるだけで、手首を添えてリラックスした状態でタイピングできます。人によって好き嫌いはあるかもしれないけど私の場合パームレストは必須。昔はタオル丸めてパームレスト代わりにしたなあ‥‥(涙)。贅沢言えば取り外し可能でクッション性のある素材(テンピュールとかw)を使ってほしかった。あと背面には折りたたみ式のフットスタンドが付いてて、2段階の角度調節ができます。人間工学に基づいたエルゴノミクスデザインってことで見た目も使いやすさも自然で違和感なくMacにマッチするね。

celesta_function.jpg celesta_usb.jpg

「Volume up」「Volume down」「Eject」「Mute」といったマルチメディアファンクションキーももちろん使えます。でもApple Keyboardとは位置が異なるんで最初はちょっと違和感を感じます。まあこれは馴れでカバーできますわ。そして今となっては当たり前だけど、2ポートのUSB 2.0も備えてるのでiPodiPhone 3GUSBメモリーなどの接続もOK。

celesta_led.jpg

celestaMacのUSBポートに接続すると、moshiのロゴがホワイトに美しく光ります。これ、色を変えられるとかMacのスリープ時に柔らかく点滅するとか、もうひとつギミックがあったら良かったなぁ(注文ばっかのワガママな私w)。

 celesta_design.jpg

celestaは、デザインも作りもしっかり、そしてドッシリ鎮座する感じのMac用キーボードなので仕事場とか落ち着いて作業したい場にかなりマッチします。価格は決して安くはないけどコックピットやコントロールパネル的なスタイルが好きならオススメのキーボードです。ちなみに、celestaには、マイクロファイバらしきキーボードダストカバーが付属してます。カバーとしてだけでなく、軽くクリーニングにも使えるし畳むとマウスパッド代わりにもなるみたい。こうゆうの小粋で好きですわ。

それはそうとmoshi製品って店頭で販売されていないのが残念‥‥。
やっぱお店で実物を見て、触って購入したいんだよなあ。
ぜひ、Apple Storeの直営店で展示、そして販売してほしいんだな。

moshi celesta楽天

打、打、打! 蘋果鍵盤...
スポンサーサイト

テーマ:ハードウェア - ジャンル:コンピュータ

コンデジ「キヤノン IXY DIGITAL 110 IS」が気になる - 魅惑のオレンジメカ -
オレンジ色。それは私にとって魅惑の色。オレンジ色の服、食べ物、そして、オレンジのメカ‥‥。あぁ、キヤノンから出やがった、オレンジ色のコンパクトデジカメIXY DIGITAL 110 ISが!!

ixy110color.jpg

現在、デジカメはメイン機の一眼レフ「Canon EOS 40D」、そしてサブ機のコンデジ「IXY DIGITAL 50」を使っています。機動性の高いIXY DIGITAL 50なのですが手ぶれ補正がなかったり、バッテリが劣化してきていたり、ラジコンぶつけてボディがヘコんでたりw。で、そろそろ買い替えたいなぁなんて思ってた矢先にこのオレンジデジカメ。アルミニウムのオレンジボディが悩ましい‥‥。そして、一目で惚れる単純な私w

ixy110_orange.jpg

いやしかし、外見だけじゃんいんだな。もうひとつのポイントは手ぶれ補正機能。カタクナに内蔵フラッシュも三脚も使わない私は、自分の手足をガッチリ固めて撮影することがよくあるんですが、やっぱりブレるんだよね。最近のコンデジでは手ぶれ補正なんて常識なんだろうけど、意外と万年浦島太郎な私にとってはメチャ欲しい機能のひとつ。ISOも3200までいけるのである程度のノイズは覚悟して室内や暗がりでもフラッシュなしでいけそうだね。あとは必要なさそうだけど、「フェイスキャッチテクノロジー」とか「モーションキャッチテクノロジー」もいちおう試してみたいわな。

ixy110_orange_l.jpg

それにしても最近のコンパクトデジカメは1,000万画素超えなんて当たり前だけど、そんないらんって思うんだよね。A4サイズ以上で印刷する機会ってほとんどないし、なにしろファイルサイズがでかくなってハードディスクを圧迫するのがイヤ。画素数が高ければ高画質って訳じゃないんだけどなあ‥‥。そのへん、○ャ○ネット●●●さんとかどう考えてるんだろw

ちなみに、キヤノンからは他にも新モデルの「IXY DIGITAL」が出てます。が、やっぱりオレンジのIXY DIGITAL 110 ISだなあ。機能十分、価格2万円台。ああ、魅惑のオレンジメカ‥‥。

IXY DIGITAL 110 IS楽天
IXY DIGITAL 110 ISAmazon.co.jp

啊啊, 橘色的数數碼相機....

テーマ:デジカメ - ジャンル:写真

ハイスクール・ミュージカルが気になる - 拉拉拉~♪ -
たまたまテレビでやってた「ハイスクール・ミュージカル」、「ハイスクール・ミュージカル2」を観てしまった。この「ハイスクール・ミュージカル」シリーズ、タイトル通り歌って踊るミュージカル系ですが、雰囲気はなんとも80年代風のコテコテムービーなんです。ちょっと時代遅れな恥ずかしファッションと80'sポップスなサウンド、そしてベタな演出とストーリー‥‥。80年代モノはリアルタイムで接してなかったのに何故かツボなんだよなぁ~w

hsm1.jpg hsm2.jpg

ミュージカルって言えば、オペラ座の怪人レ・ミゼラブルなどが有名どころですが、「ハイスクール・ミュージカル」はあの「フットルース」に近い。ああ、フットルースも大好きな80's映画なんだよね‥‥。何かこう、観てると勝手にビートを刻むっていうか(これも古くさい表現ですがw)、楽しくなっちゃうっていうか、その辺はさすがディズニー映画って感じ。

dance2.jpg dance1.jpg

まあしかし、B級かなと思いきやハイスクール・ミュージカルの歌、踊りは結構クオリティ高い。歌は本人による当てレコなんだろうけど、主演のトロイ(ザック・エフロン:Zac Efron)、ガブリエラ(ヴァネッサ・ハジェンズ:Vanessa Hudgens)、どちらもイイ声してるわ。

troy.jpg vanessa.jpg

ヴァネッサ・ハジェンズは、CDも出してます。まだまだ無名なんだろうけどブリトニー・スピアーズ並に大化けする可能性アリ。ちなみにヴァネッサ・ハジェンズは、フィリピン人、中国人、スペイン人、アイルランド人、ネイティブ・アメリカンの血を引いているんだとか。どうりでエクゾチックな顔立ちだのね。

さて、最新のハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービーは現在日本で上映中なんだな。コレ系が好きでワーっとストレス発散して元気になりたいなら観るべし。ディズニー映画だから子供連れの家族にもオススメです。

 hsm3.jpg

ハイスクール・ミュージカル楽天
ハイスクール・ミュージカルAmazon.co.jp

我不會跳舞,可是我想要跳舞!

テーマ:ハイスクールミュージカル - ジャンル:映画

焼き肉を食べたい。でもお金がない皆様へ‥‥ - エア焼肉 -
またアホなサイトができたもんだ。

airyakiniku.jpg

Air Yakiniku

「お手軽に焼肉を食べたような気分になれる便利なソフト」だそうです。画面でおいしそうに焼ける肉達を見ながら、焼肉のタレをかけた白米をほお張るのである。肉の部位は、カルビ、タン、ホルモン、そしてすごい肉(!?)から選べます。まずはスタンダードにカルビをジュゥジュゥ~。ヨダレが出そうなくらい、ウマそうだなあ‥‥w

airyakiniku_setting.jpg airyakiniku_menu.jpg

airyakiniku_karubi_ready.jpg airyakiniku_karubi_ok.jpg

そして、気になるすごい肉は、こんな感じ。
焼肉っていうか、もうこれはステーキでしょう。

airyakiniku_supermeat.jpg

実際に白米と焼肉をタレを用意して試してないけど、見てるだけでも結構な満足感‥‥。しかも、ご丁寧にキーボードに焼き肉のタレが付かないようにする紙エプロンをPDFでダウンロードできる!! でも、B5サイズのみ対応だから、MacBookMacBook Proでは使えないのが残念である。

airyakiniku_apron.jpg airyakiniku_family.jpg

そんなバカバカしいサイト「Air Yakiniku」ですが、個人的にはこうゆうの大好きですw このAir Yakiniku、焼き肉業界の陰謀かなんかかなと思ったらリクルートが作ってるのね。どうゆう意図なのだか‥‥。今週末は超久々に焼肉(格安の安安だけど)に行きたい気分になってしまったわ。

それにしても、私の好きなレバーがないのはどうゆうことよ!?w

Air Yakiniku(エア焼肉)

空氣烤肉是什麼~~!?

テーマ:焼肉 - ジャンル:グルメ

iLife '09のiPhoto「人々」機能がスゲェ - 人、人、人、犬は? -
Macworldでの発表からずーっと気になっていたiLife '09をゲットした。お目当てはメチャ良さげにアップデートしたiPhoto '09。もちろん、iMovie、GarageBand、iWeb、iDVDも気になるんだけど、私がほぼ毎日使ってるのがiPhotoなんだよね‥‥。写真好きには外せないソフトなのである。

ilife09.jpg

さて、今回のiPhoto '09の目玉はなんと言っても「人々」機能。iPhotoを起ち上げると、まず写真上の人々の顔をスキャンしてくれます。この「人々」機能、正面はもちろんですが横向いてようが、上向いてようが、うつむいていようが、多少暗かろうが、ブレていようが結構な精度でピックアップしてくれます。

loading.jpg

ちなみに人ゴミとかだといらん人まで検出してしまうこともありますが、後ほど手動で消せるので大丈夫。しっかし看板やポスターの顔写真、マネキン、仏像なんかもピックアップしちゃうのはどうなんだか‥‥。まあでも、こうゆう誤認識は長年ことえり使いの私から言わせればMacのご愛嬌。余裕を持って楽しみましょうw

fumeinahito.jpg

そして、スキャンした「人々」に名前を付けていくのですが膨大な数の写真がある場合、入力するだけで丸1日かそれ以上かかってしまいます。でもこの作業が結構楽しい。新しいものから過去のものまで、自分の生い立ちや軌跡を辿って行くような感覚で自分の写真を見返せる良い機会になります。まるで卒業アルバムや結婚式の馴れ初めのように‥‥。それにしても太ったなオレ、とかw

doem.jpg hkgirls.jpg

「人々」を入力するとiPhotoが学習するので、顔検出能力もアップしていきます。そして、新たに追加された写真で似たような顔を見つけると、「○○さんですか」といった具合に候補が出てくるので人名入力はさらに楽になります。入力すればするほど賢くなっていく「人々」機能、なかなか秀逸。

そして、入力した「人々」はこんな感じでコルクボードに貼り付けて一覧で見れちゃいます。そのあとスマートアルバムでまとめたり、スライドショーにして楽しむこともできちゃう。人で写真を管理するってのは他のフォト管理ソフトにはなかったよな‥‥。iPhoto '09、すばらしい!

people.jpg a_dog.jpg

ちなみに人の顔以外、例えば動物とかも検出してくれるかなと期待してたのですができませんでした。おそらく、目×2、鼻、口の4点で人の顔として認識しているんだろうなあ。でも手動で名前を付けられるのでワンコロとかにも追加してみる。もちろん自動検出は無理だけど、写真に写っているペット、いろんなオブジェをメモっぽく管理することもできそう。いやぁこりゃ使い方無限大かも。この「人々」機能、今後のアップデートでさらに精度が向上したり新機能が追加されることを期待してますわ。

airplane.jpg roastduckrice.jpg

そしてもうひとつの新機能といえば、写真に埋め込まれてるGPS情報を元に管理できる「撮影地」。Google マップを使った地図に追加されるので、どこで撮影した写真か一目でわかる。なかなかすばらしいのだが、私はGPS付きのカメラなど持っておらんのですよ‥‥。まあ「撮影地」は手動で追加することもできるけど入力がかなり面倒だし、なによりどこで撮影したかなんて正確に覚えてないっす!w

satsueichi2.jpg satsueichi1.jpg

「撮影地」機能は、iPhone 3GやGPS対応デジカメをターゲットにしてるんだろうから仕方ないけどさ‥‥。まあ、これからGPS対応カメラが増えていくんだろうなぁ。そうなると写真の用途が無限大に広がりそうだけど、アリバイ工作もしにくくなるというデメリットもありそうだわw

そして、iPhoto内での写真管理がこんだけ便利なのにFaceBookFlickrと連携して作った写真をオンラインで共有できるってのもすばらしい。写真はみんなで楽しもうってことなのね。あと小粒だけどアップデートしたスライドショー。新しく追加されたテーマ「粉砕」のエフェクトがなかなかカッコいい。こんな感じです。(ムービー再生が途切れる場合は、一時停止してローディングを待つべし)





そして、出来上がったスライドショーを、iPodiPhoneApple TVなどで観れるムービーに変換できちゃう。いやあ、ここまで来たら結婚式の馴れ初めとかも超簡単にできそうだわ。

slideshow_setting.jpg

そんな訳でiLife '09ですが、iPhotoだけでも十分買う価値アリですわ。使ってみないとiPhoto '09のスゴさはわからんっす。ちなみに、新しいMacを買えばiLife '09が付属してくるからお得だねえ。あぁ、そろそろMac Proが欲しいなあ‥‥(ボソッ)w

iLife '09Apple Store
iLife '09Amazon.co.jp
iLife '09楽天

照片是回憶...

テーマ:Mac - ジャンル:コンピュータ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。