- MacとiPodの甘~い生活 -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Macでたれ流し音楽のススメ「Snowtape」- 自動カット録音が超便利 -
Macでの音楽再生はもっぱらiTunesを愛用してるんだけど、ジャンル混在の何千もの曲でもシャッフルで聴いてるとさすがに飽きてくるんだよね‥‥。そんなときに好きな音楽を垂れ流し感覚で気楽に聴けるのがインターネットラジオ。ポップス、ロック、クラシック、トークなど膨大なジャンルのステーションがあってネットがつながれば世界各国どこに居ても受信できるんだな。もちろんiTunesでネットラジオの受信はできるんだけど、もっと高機能でネットラジオに特化したソフトがないかなあと探していて辿り着いたのがコレ。

snowtape_icon.jpg
Snowtape

Snowtapeにはラジオステーションがプリセットで入っているんだけど、iTunesで見つけたお気に入りのステーションをドラッグ&ドロップで追加したりSHOUTcastなんかのステーションをURL、もしくは、.plsファイルでガンガンインポートできちゃいます。そして、良く聴くステーションはお気に入りフォルダに入れていつでも切り替えられるのがとっても便利。受信中の曲名、アーティスト名、アルバム名などの情報が表示されるのはもちろんだけどアルバムアートワークが出てきたり、iTunes Music Storeに直接飛べるリンクなんかもあるので気に入った曲の検索や購入もラクチン。

snowtape_okini.jpg

そして、なんと言ってもSnowtape一番のお気に入りは、ラジオストリーミングの録音機能。録音ボタンを押すだけで手軽に録音開始。曲名、アーティスト名がファイルに登録されるしアルバムアートワークも自動、または、手動で追加できます。録音した曲はCDアルバムのジャケットのように閲覧、管理したり、さらには不要な部分を削除できる簡易編集も付いてるんだな。編集した曲はボタンひとつでiTunesに転送、もしくはm4aファイルに保存して楽しめちゃうって寸法。

snowtape_rec.jpg

先ほどの編集機能だけど私はほとんど使いません。というのも曲間を判別して自動的にファイルを分割してくれるオプションもあるので編集がほとんど不要なんだな。とりあえず好きなステーションを受信して自動カット機能オンで録音しっぱなしにすれば、曲を分割しながらたれ流しレコーディングができちゃいます。録音したらお気に入りの曲を選んでiTunesにブチ込んでiPodに転送! オシャレなSmooth Jazzでも聴きながらオネーちゃんと夜景ドライブでも楽しむってのが私のプランですけど‥‥。あーこりゃ、大昔に「ひるの歌謡曲」をカセットテープに録音して楽しんでた我がオヤジと同じことをやっている自分に気づくw。

snowtape_edit.jpg snowtape_pref.jpg

このSnowtape、かなり高機能で気に入ってるんですが、やっぱりiTunesのようなMacらしいインターフェイスに一番好感が持てます。SnowtapeはシェアウェアでUS$29とちょっとお高めだけど、価格以上の機能が備わったかなり満足なネットラジオソフトだね。

ちなみに、録音機能が不要な方は国産ソフトのこちら「mRX-8000」もオススメ。使ってるだけでも楽しいアナログ風インターフェイスカッコ良すぎます。でもやっぱ、Snowtapeの自動カット録音機能は超便利でオススメですわ。

沒有音樂,沒有生活,沒有愛戀....
スポンサーサイト

テーマ:ソフトウェア - ジャンル:コンピュータ

中国北京のApple Storeに行ってきた - 忘れちゃいけない苹果と煎餅と北京烤鸭 -
超ひさしぶりに中国北京に行ってきました。今回は仕事2割、観光8割というほぼ遊び比率の高い中国訪問。その遊び8割の中の5割が中国唯一のApple Storeを訪ねるっていう勝手なミッションw 香港や台湾にもアップル製品取扱店はあるけど、日本を除くアジアで直営店があるのはここ北京のApple Store 零售店のみなんだな。というわけで行ってきました中国的苹果店。

Apple Store 零售店は、あの有名な天安門広場や紫禁城から北東に行った北京市内の三里屯という場所にあります。地下鉄の东四十条站が最寄り駅みたいだけど、三里屯まで結構距離があるので慣れてる人はバスのほうがオススメ。途中で飯屋に飛び込んだり写真撮影をしたい私はテクテク歩いて行きました。徒歩20分くらいかな。そして、到着した三里屯にはシャレたレストランやカフェ、バーなどが軒を連ねています。東京で言う六本木とか表参道みたいな感じ。 

a_store_beijing_face.jpg a_store_beijing_waterworks.jpg
これがApple Store 零售店の門構え。アップルマークは目立つんだけど三里屯VILLAGEの中のほうにあるので大通りからはよく見えません。でも外側にはUNIQLOとかあるからすぐわかります。ストアの目の前にはこんな噴水があります。それにしても外国人が多いな‥‥(私もですが)。

a_store_beijing_1f1.jpg a_store_beijing_1f2.jpg
App Storeiconの中に入るとまず1階はiPodコーナー。新しいiPod shuffleが展示されてたけど、中国には安くてコンパクトタイプなMP3/MP4プレーヤーがいくらでも出てるんであまり人気はなさそう。やっぱりここでもiPod touchが人気な様でスタッフさんが熱心に説明してました。そういや、iPhone 3Gの中国進出はいつになるのやら‥‥。ってか、私個人はもろパクリの中華携帯「iorgane」がメチャ気になるんだけどなあw

a_store_beijing_seminer.jpg
さて、奥にはMacコーナーがあってこちらではMac本体が並ぶ中、iLife '09iWork '09のプチセミナーをやってました。メイン言語はもちろん北京語だけどここのスタッフさんたちはほとんど方が英語もしゃべれるみたい。ちなみにApple Store 零售店の広さは、だいたいApple Store 渋谷と同じくらいです。

a_store_beijing_ipodcases.jpg a_store_beijing_2f.jpg
そして2階に上がると周辺機器コーナー。こんな風にケースやスピーカーなどのiPodアクセサリMacソフトウェアMacアクセサリがズラッと並んでいます。

fudao_case.jpg
せっかく北京のApp Storeiconに来たのでここでしか販売されていない商品があるのかなと探してみたら、iPod touch 2GiPod nano 4G用のオリジナルケースを発見。背面に福が逆さになったロゴが入ってます。なんか不吉に思うけど実はこれ逆の意味なんです。中国語で福が倒れて逆さまになる「福倒(fu dao)」と福が来る「福到(fu dao)」が同じ発音であることをかけた中国の縁担ぎなんです。さらに赤と金色というこれまた中国で非常に縁起の良い色を使ってるありがたーいiPodケースみたいです。ここでしか売っていないオリジナル製品だし個数限定、そして既に生産終了してるとのことなのでApple Store 零售店を訪れた際にはお土産にひとつやふたつ、ぜひどうぞw

a_store_beijing_geniusbar.jpg
そして2階の奥にはGenius Barもありました。MacBook ProMacBookの修理や操作アドバイスをされている人もいれば、Mac Proを数台持ち込んでサポートを受けているパワフルな中華アップルユーザーもいました。多分、映像、オーディオ系の方々なのかな。

a_store_beijing_modelshoot.jpg a_store_beijing_model.jpg
帰りがけにストアの1階で女性モデルを使ったヘッドホンらしき製品の写真撮影をしていたのでパチり。付き添いのマネージャーに「不好意思!」と怒られてしまいましたが、距離をあけて外からEOS 40DにくっつけたCanon EF-S55-250mm F4-5.6 ISでもう1枚パチり。やっぱ旅行には200mm以上の望遠レンズが便利だわ。今回、広角はコンデジIXY DIGITAL 110 IS、望遠はEOS 40DCanon EF-S55-250mm F4-5.6 ISで備えたのが大正解。今後の旅カメラ装備はコレで行こう!

それにしても今回の北京訪問で使ったパ●ス●ン航空はヤバかったなあ‥‥。あのオイニーがツイキーな機内と泥みたいにマズい食事(塩&コショウ添加で味をごまかすという屈辱)は二度と経験したくないw まあ近距離フライトで格安なら我慢して使うという手もあるけど、次回からは意外に安いJALで行きたいですわ。

中国的苹果人们很好强大的...

テーマ:Mac - ジャンル:コンピュータ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。