- MacとiPodの甘~い生活 -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
zefyrにMacBookを載せてみた - 放熱効果は如何に?-
moshi_zefry_sl_s.jpg

さてさて、アルミ冷却台「zefyr」を購入して簡単なレビューをお伝えしましたが、今回は実際に使ってみてどの程度冷却効果があるのか検証してみました。

室内気温は約25度。寒くもなく暑くもなくと言った感じ。MacBookを普通に使っても熱くはならないので、CPUに目一杯負荷をかけるために「iSquint 1.5.2」でビデオエンコード(AVI→H.264)を30分行ってみる。これでMacBookが手に負えないほどカンカンになるはず。

[検証環境]
  マシン:MacBook 2.2GHz Intel Core 2 Duo
  メモリ:2GB
    OS:Mac OS X v10.5.4
使用ソフト:iSquint 1.5.2
      AVI→H.264へ 30分のエンコード処理

iSquint152.png

■ zefyr未使用(机にベタ置き)
まずは、zefyrを使わず机にそのままベタ置きでエンコード。エンコードを始めて2、3分でMacBookのファンが騒ぎだした。カンカンだなこりゃ‥‥。そして、30分後、最大温度はCPU本体86℃、ヒートシンク1は70℃までに達した。80度越えってPowerPCだったら考えられない数字だなあ‥‥。インテル入ってる、でも、怒ってるw
without_zefyr.png

■ zefyr使用(ファンあり)
次にzefyrを使っての計測。個人的には使いたくないけど検証なのでzefyrのファンを回す。やっぱり、エンコード処理でかなり負荷がかかっているからMacBookのファンも回りだす。そして、30分。最大温度はCPU本体77℃、ヒートシンク1は63℃。ベタ置きと比べて10℃も低いっす! インテル入ってる、でも、冷えてる!w
with_zefyr.png

メーカーが公表している測定値では5℃程度低くなるとのことだが、私の環境ではそれを超える約10℃の放熱効果が測定できました。検証環境が違うので何とも言えないのだがzefyrの放熱効果、かなり高いって感じ。正直オドロキの結果。

という訳で、かなりいい感じのzefyrだけど私なりに良い点、そして改良してほしい点を上げてみた。

【良い点】
上質なアルミ素材で丁寧な造り。そしてカッコイイ
スタイリッシュでMacBookMacBook Airにぴったり
軽量、コンパクトで持ち運びもラクラク。モバイル向け
見た目以上に放熱効果はかなり高い!
ファンをつけても静か(メーカー数値20db以下)

【改良してほしい点】
ファンのオン/オフスイッチが欲しい
アルミフィンにマウスケーブルなどが引っかかりやすい
8,000円弱は正直ちょっと高いかなあ。個人的希望価格は、5,980円!
15インチ、17インチモデルにも対応して欲しかった

zefyr_open_fin.jpg

改良して欲しい点もかなりあるんだけど、見た目、MacBookとのフィット感、そして、予想以上に高かった冷却効果から、合格点。これから来る暑~い夏をクールに過ごしたいなら、コノ冷却台「zefyr」はオススメ。MacBookMacBook Airユーザーの方は、夏のボーナスで買っちゃえば??

moshi / zefyr楽天

夏天來了,作好預防中暑的準備了嗎?

テーマ:Mac - ジャンル:コンピュータ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。