- MacとiPodの甘~い生活 -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人それぞれ、Macで時の刻み方 - Time is money -
突然ですが、皆さんはどんなスクリーンセーバーを使ってますか? OS純正のシンプルなものから、かっこいいデザイン系、仕掛けに凝ったおもしろ系など、いろいろありますが私はほとんどクロック系を設定しています。

クロック系ってシンプルなんですが、しばらく離席した後戻ってきてすぐ時間を確認できるので意外と重宝するんです。それに私が不在時には、モニタいっぱいに時計が表示されるので掛け時計のない会社では「便利!」と同僚達から好評ですw

QuartzClock.jpg

で、ずっとお気に入りで使っているのが「QuartzClock」。文字盤やスタイルを変えられてかなり良いんけど、ダウンロードできるサイトが閉鎖しちゃったみたいなんですよね。というわけで新しいスクリーンセーバーを漁っていたらこんなカッコイイやつを見つけました。

Word Clock

現在時刻を「文字」で表示してくれるスクリーンセーバです。パッと見てすぐ確認できるわけじゃないんだけど、このビジュアルがシンプルで非常にかっこいい。しかも英語だけでなく、日本語、中国語、フランス語、ドイツ語などなど他言語で時を刻んでくれます。

worldclock_en.jpg

表示方法も横書きに文字が表示される「Linear」、アナログ時計のように文字が回転する「Rotary」、そして「Randam」の3種類から設定できます。個人的には、中国語やアラビア語のRotaryがかっこよくてオススメ。特にアラビア文字はよくわからないけど、マントラみたいでイカしてるなあ。贅沢言えば、梵字とトンパ文字が欲しかったけど(フォントがないからダメか‥‥、なら画像データで追加をぜひ)。

worldclock_jp.jpg worldclock_cn.jpg

Word Clockは、Mac、Windows、iPhone版が用意されてます。って、iPhoneでスクリーンセーバって必要なの??

さて、時間つながりで思い出したのですが、私が気に入っている「ちょっといい話」をひとつ。以前ネットで話題になってたので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。

--------------------------------------------------------------------------------------------

次のような銀行があると考えてみましょう。

その銀行は、毎朝あなたの口座へ8万6,400ドルを振り込んでくれます。同時に、その口座の残高は毎日ゼロになります。つまり、8万6,400ドルの中で、あなたがその日に使い切らなかった金額は、すべて消されてしまいます。

あなただったらどうしますか?
もちろん、毎日8万6,400ドル全額を引き出しますよね。
僕たちは1人1人が同じような銀行を持っています。

それは時間です。
毎朝、あなたに8万6,400秒が与えられます。
毎晩、あなたが上手く使い切らなかった時間は消されてしまいます。
それは、翌日に繰り越されません。
それは貸し越しできません。

毎日、あなたのために新しい口座が開かれます。
そして、毎晩、その日の残りは燃やされてしまいます。
もし、あなたがその日の預金をすべて使い切らなければ、
あなたはそれを失ったことになります。
過去にさかのぼることはできません。

あなたは今日与えられた預金の中から今を生きないといけません。
だから、与えられた時間に最大限の投資をしましょう。そして、そこから健康、幸せ、成功のために最大の物を引き出しましょう。

時計の針は走り続けてます。今日という日に最大限の物を作り出しましょう。

1年の価値を理解するには、落第した学生に聞いてみるといいでしょう。

1カ月の価値を理解するには、未熟児を産んだ母親に聞いてみるといいでしょう。

1週間の価値を理解するには、週間新聞の編集者に聞いてみるといいでしょう。

1時間の価値を理解するには、待ち合わせをしている恋人たちに聞いてみるといいでしょう。

1分の価値を理解するには、電車をちょうど乗り過ごした人に聞いてみるといいでしょう。

1秒の価値を理解するには、たった今、事故を避けることができた人に聞いてみるといいでしょう。

10分の1秒の価値を理解するためには、オリンピックで銀メダルに終わってしまった人に聞いてみるといいでしょう。

だから、あなたの持っている一瞬一瞬を大切にしましょう。
そして、あなたはその時を誰か特別な人と過ごしているのだから、十分に大切にしましょう。

その人は、あなたの時間を使うのに十分ふさわしい人でしょうから。
そして、時は誰も待ってくれないことを覚えましょう。

昨日は、もう過ぎ去ってしまいました。
明日は、まだわからないのです。
今日は与えられるものです。
だから、英語では今をプレゼント(present)と言います。

~ 作者不詳 ~

--------------------------------------------------------------------------------------------

一寸光阴一寸金.....

テーマ:フリーソフト - ジャンル:コンピュータ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。