- MacとiPodの甘~い生活 -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
近未来的鍵盤であなたのMacはコックピットスタイル - アルミフレームキーボード「moshi celesta」-
超お気に入りのApple Keyboard(JIS)と台灣蘋果鍵盤なんですが、もっとガッチリしたキーボードがほしい。ってことでmoshiのキーボード「celesta」も使っています。私がキーボードを選ぶ基準としては、1に快適なキータッチ、2に優れたデザイン、3に耐久性。その点で「celesta」は、すべでを満たしているキーボードなんだな。

celesta.jpg

celestaのキーはパンタグラフ方式でキーストロークはMacBookの様に非常に柔らか。浅く指を滑らせるようにタイピングできてレスポンスもいい感じです。以前は、Power Mac G5に同梱されていたキーストロークの深いApple Pro Keyboardを使っていましたが、この手の浅いキータッチに馴れるともう旧式に戻れませんわな。ちなみに、celestaは900万回のキーストロークに耐えられるそうだ。これが一般的なキーボードと比べて長寿命かどうかはわからんのですが、見た目が頑丈なので私の超強力なキーストローク(特にリターン)にも結構耐えてくれそうw

celesta_top.jpg celesta_triangle.jpg

さて、肝心のデザインだけどダイヤモンドカットのアルミニウムフレームが高級な質感で非常にいいんだよね。やっぱりアルミボディは美しい‥‥。そして特徴的なのはそのボディ。大きめで重量があるけど、それがデスク上にしっかり安定してくれます。横から見るとトライアングルでエッジなシェイプがかっちょいいです。

あとキーボードとパームレストが一体になっているのもポイント。このパームレストがあるだけで、手首を添えてリラックスした状態でタイピングできます。人によって好き嫌いはあるかもしれないけど私の場合パームレストは必須。昔はタオル丸めてパームレスト代わりにしたなあ‥‥(涙)。贅沢言えば取り外し可能でクッション性のある素材(テンピュールとかw)を使ってほしかった。あと背面には折りたたみ式のフットスタンドが付いてて、2段階の角度調節ができます。人間工学に基づいたエルゴノミクスデザインってことで見た目も使いやすさも自然で違和感なくMacにマッチするね。

celesta_function.jpg celesta_usb.jpg

「Volume up」「Volume down」「Eject」「Mute」といったマルチメディアファンクションキーももちろん使えます。でもApple Keyboardとは位置が異なるんで最初はちょっと違和感を感じます。まあこれは馴れでカバーできますわ。そして今となっては当たり前だけど、2ポートのUSB 2.0も備えてるのでiPodiPhone 3GUSBメモリーなどの接続もOK。

celesta_led.jpg

celestaMacのUSBポートに接続すると、moshiのロゴがホワイトに美しく光ります。これ、色を変えられるとかMacのスリープ時に柔らかく点滅するとか、もうひとつギミックがあったら良かったなぁ(注文ばっかのワガママな私w)。

 celesta_design.jpg

celestaは、デザインも作りもしっかり、そしてドッシリ鎮座する感じのMac用キーボードなので仕事場とか落ち着いて作業したい場にかなりマッチします。価格は決して安くはないけどコックピットやコントロールパネル的なスタイルが好きならオススメのキーボードです。ちなみに、celestaには、マイクロファイバらしきキーボードダストカバーが付属してます。カバーとしてだけでなく、軽くクリーニングにも使えるし畳むとマウスパッド代わりにもなるみたい。こうゆうの小粋で好きですわ。

それはそうとmoshi製品って店頭で販売されていないのが残念‥‥。
やっぱお店で実物を見て、触って購入したいんだよなあ。
ぜひ、Apple Storeの直営店で展示、そして販売してほしいんだな。

moshi celesta楽天

打、打、打! 蘋果鍵盤...

テーマ:ハードウェア - ジャンル:コンピュータ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。