- MacとiPodの甘~い生活 -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おいしい時間をMacと一緒に待ち焦がれる - 一日千秋 -
Mac OS X 10.4から追加された「Dashboard」 最初は使い勝手がイマイチ良く分からんかったし、サードパーティのWidgetが少なかったのであまり使ってなかったけど、今じゃなくてはならない存在。

そんな訳で、小粒だけど使い始めたら超便利なお気に入りWidgetをご紹介。

今回は、コレ「minutes
minutes_12minutes.jpg

1分から999分まで設定ができて時間が来たらチャイムとダイアログ表示でお知らせしてくれます。シンプルでとってもスマート。残り時間が0になる時刻が表示されるってのも小技が効いてます。それから、チャイム音を6種類から設定できるしビジュアルテーマも変更できるので、複数起動して料理なんかで使い分けできるかも。ちなみにチャイムを鳴らす以外にも、iTunesのプレイリスト再生(または停止)、ファイルを開く、なんてのもできるのでアイデア次第でかなり便利に使えそうだわな。

minutes_setting.jpg

ちなみに、私はminutesをスパゲティをゆでるときに使ってます。
こんな感じで‥‥

1. 沸騰したお湯(塩入)にスパを入れてかき回せながら中火で1分
2. 1分経ったら火を消して鍋にフタをする(minutesをオン!)
3. スパの袋に書いてある調理時間、待機
4. minutesのチャイムが鳴ったらできあがり!

こんだけで簡単においしいアルデンテが出来上がっちゃいます(参考、伊藤家の食卓だったかな?)。そう、minutesアイコンのタイマー時間が12なのは、まさにスパゲティ調理用だからなんですな。

明太子的義大利麺很好吃啊!

テーマ:Mac - ジャンル:コンピュータ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。