- MacとiPodの甘~い生活 -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国北京のApple Storeに行ってきた - 忘れちゃいけない苹果と煎餅と北京烤鸭 -
超ひさしぶりに中国北京に行ってきました。今回は仕事2割、観光8割というほぼ遊び比率の高い中国訪問。その遊び8割の中の5割が中国唯一のApple Storeを訪ねるっていう勝手なミッションw 香港や台湾にもアップル製品取扱店はあるけど、日本を除くアジアで直営店があるのはここ北京のApple Store 零售店のみなんだな。というわけで行ってきました中国的苹果店。

Apple Store 零售店は、あの有名な天安門広場や紫禁城から北東に行った北京市内の三里屯という場所にあります。地下鉄の东四十条站が最寄り駅みたいだけど、三里屯まで結構距離があるので慣れてる人はバスのほうがオススメ。途中で飯屋に飛び込んだり写真撮影をしたい私はテクテク歩いて行きました。徒歩20分くらいかな。そして、到着した三里屯にはシャレたレストランやカフェ、バーなどが軒を連ねています。東京で言う六本木とか表参道みたいな感じ。 

a_store_beijing_face.jpg a_store_beijing_waterworks.jpg
これがApple Store 零售店の門構え。アップルマークは目立つんだけど三里屯VILLAGEの中のほうにあるので大通りからはよく見えません。でも外側にはUNIQLOとかあるからすぐわかります。ストアの目の前にはこんな噴水があります。それにしても外国人が多いな‥‥(私もですが)。

a_store_beijing_1f1.jpg a_store_beijing_1f2.jpg
App Storeiconの中に入るとまず1階はiPodコーナー。新しいiPod shuffleが展示されてたけど、中国には安くてコンパクトタイプなMP3/MP4プレーヤーがいくらでも出てるんであまり人気はなさそう。やっぱりここでもiPod touchが人気な様でスタッフさんが熱心に説明してました。そういや、iPhone 3Gの中国進出はいつになるのやら‥‥。ってか、私個人はもろパクリの中華携帯「iorgane」がメチャ気になるんだけどなあw

a_store_beijing_seminer.jpg
さて、奥にはMacコーナーがあってこちらではMac本体が並ぶ中、iLife '09iWork '09のプチセミナーをやってました。メイン言語はもちろん北京語だけどここのスタッフさんたちはほとんど方が英語もしゃべれるみたい。ちなみにApple Store 零售店の広さは、だいたいApple Store 渋谷と同じくらいです。

a_store_beijing_ipodcases.jpg a_store_beijing_2f.jpg
そして2階に上がると周辺機器コーナー。こんな風にケースやスピーカーなどのiPodアクセサリMacソフトウェアMacアクセサリがズラッと並んでいます。

fudao_case.jpg
せっかく北京のApp Storeiconに来たのでここでしか販売されていない商品があるのかなと探してみたら、iPod touch 2GiPod nano 4G用のオリジナルケースを発見。背面に福が逆さになったロゴが入ってます。なんか不吉に思うけど実はこれ逆の意味なんです。中国語で福が倒れて逆さまになる「福倒(fu dao)」と福が来る「福到(fu dao)」が同じ発音であることをかけた中国の縁担ぎなんです。さらに赤と金色というこれまた中国で非常に縁起の良い色を使ってるありがたーいiPodケースみたいです。ここでしか売っていないオリジナル製品だし個数限定、そして既に生産終了してるとのことなのでApple Store 零售店を訪れた際にはお土産にひとつやふたつ、ぜひどうぞw

a_store_beijing_geniusbar.jpg
そして2階の奥にはGenius Barもありました。MacBook ProMacBookの修理や操作アドバイスをされている人もいれば、Mac Proを数台持ち込んでサポートを受けているパワフルな中華アップルユーザーもいました。多分、映像、オーディオ系の方々なのかな。

a_store_beijing_modelshoot.jpg a_store_beijing_model.jpg
帰りがけにストアの1階で女性モデルを使ったヘッドホンらしき製品の写真撮影をしていたのでパチり。付き添いのマネージャーに「不好意思!」と怒られてしまいましたが、距離をあけて外からEOS 40DにくっつけたCanon EF-S55-250mm F4-5.6 ISでもう1枚パチり。やっぱ旅行には200mm以上の望遠レンズが便利だわ。今回、広角はコンデジIXY DIGITAL 110 IS、望遠はEOS 40DCanon EF-S55-250mm F4-5.6 ISで備えたのが大正解。今後の旅カメラ装備はコレで行こう!

それにしても今回の北京訪問で使ったパ●ス●ン航空はヤバかったなあ‥‥。あのオイニーがツイキーな機内と泥みたいにマズい食事(塩&コショウ添加で味をごまかすという屈辱)は二度と経験したくないw まあ近距離フライトで格安なら我慢して使うという手もあるけど、次回からは意外に安いJALで行きたいですわ。

中国的苹果人们很好强大的...

テーマ:Mac - ジャンル:コンピュータ

DVD → iPod / iPhoneで観たい‥‥ - 中華映画ドラマ三昧 -
貧弱な中国語をどうにかしたいってのと、ささやかな娯楽のためにと中華な映画やドラマをよく観ています。香港や台湾ではDVDがメチャクチャ安いので路上の屋台(怪しいんだけどw)とかで良く買うのですが、そろそろ溜まりに溜まったDVDボックスをどうにかデータ化したい‥‥。むろん、ディスクユーティリティとかでDVDをイメージ化できなくもないのですが、いろんな憑き物(‥‥)があってできなかったりするんだよねw。

しかし、そんな憑き物もキレイさっぱりにしてイメージ化できるソフトがあるんです。
これ、0SExである。
0Sex_icon.jpg

0Sex.jpg

どうゆう意図でこのネーミングなのかわからんのですが、まあそれはさておき‥‥。MacのドライブにDVDを入れてフォーマットを選んでクリックするだけで簡単にDVDのイメージができます。ちなみにフォーマットは、Prog. Streams(VOB)、Elem. Streams(M2V、AC3)、DVD Folders(IFOs、VOBs、BUPs)、DVD Image(UDF)、QuickTimeから選べたり細かい設定も可能だけど、「DVD Image」を選んでBEGINボタンを押すだけの簡単リッピングがオススメ。1時間もかからずイメージ化終了。後は出来上がったイメージで観るなり焼くなり、ご自由に‥‥(グレーw)。

bettertomorrow.jpg

そして、ここからが本題。イメージ化したDVDをさらにH.264(MPEG-4)にコンバートするのです。そこで以前紹介したturbo.264の出番。イメージをマウントしてVIDEO_TSフォルダをTurbo.264アプリに放り込めば簡単・高速にエンコードできちゃいます。これでiPodでもiPhone 3Gでも好きなだけ映画やドラマを楽しめるっつうことなんだが、turbo.264だと言語と字幕の設定ができないという欠点があります。もしかしたらイメージにする段階でどうにか変更するような裏技があるのかもしれないけど、真相は不明。言語と字幕を設定して書き出したいならHandBrakeを使うのが確実。でも、turbo.264と比べてかなり時間がかかる(下手したら半日とか‥‥)ので辛抱が必要だね。

turbo264hd.jpg turbo264hd_multiple.jpg

そういや、HDに対応してエンコード速度が2~3倍に高速化されたturbo.264 HDが4月下旬に出るみたいだけど、コレ非常に気になるなあ‥‥。

黒, 還是, 白....?

テーマ:Mac - ジャンル:コンピュータ

こんなおバカなiPhone用Bluetoothヘッドセットを待っていた! - iGiveUp -
世の中にはおバカな人がいるもんだね‥‥。
こんなん作るなんてw

igiveup.jpg
(画像 from Instructables

昇天しそうなほどクールなiPhone用のbluetoothヘッドセット「iGiveUp」 - GIGAZINE

ハンドガン型のiPhone用Bluetoothヘッドセットなんだと。使い方は簡単。銃口を耳ん中に突っ込んでトリガーを引けば通話ができるそうだ。笑える。そして個人的には欲しいw(どこで使うんだ!) 彼らは手っ取り早く作ったみたいだから輪ゴムを使っちゃったり雑な部分が目立つけど、じっくり作れば完成度が高いものができそう。まあ、ひと味加えるならセーフティレバーとハンマーで音量調節とか、着信するとハンドガンから火が噴いて震えるとか、いっそのことハンドガン型携帯電話を作っちゃうとか‥‥。妄想すればするほどアホな方向に進みますw

ちなみにYouTubeには、iGiveUpに関する街頭インタビューの動画が載っています。街行く皆さんの反応がなかなか面白い。しかし、たとえ偽物でも公共の場で銃を見せると冗談抜きでヤバいんだろうから、一応ガンコン風にホワイトペイントされています。アメリカのお国柄‥‥、っても日本も最近じゃあ物騒だからヤバいわな(肩身の狭いエアガンオタク)。



iGiveUp

我得不到那個不死心!

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS

Something wrong with Apple Store maintenance page!? - ああ、恥ずかしい間違い発見 -
wellbebacksoon.jpg

あ~、Apple StoreがWe'll be back soonになったべ(3月3日21時50分現在)。んでメンテナンスページをリロードしつつ眺めてるとなんか変‥‥。ん? ォィォィ‥‥、台湾の表記が日本になってるぞ!

taiwan_japan.jpg

こうゆう間違いはやめておくれよ、アップルさん! チェック体制に不備アリ。イカンねえ‥‥。台湾の皆様失礼しました! 日本のMacユーザーを代表して大好きな台湾の方々に謝ります。非常抱歉, 台灣大家!! ふぅ‥‥、というわけで、アップルに間違いを指摘するべ。

さーて、噂のごとく、iMacMac Proなどが出るんだろうかねえ‥‥。金はないしプロじゃないけどMac Proが欲しいw

借鑒他人矯正自己

テーマ:Mac - ジャンル:コンピュータ

iPod / iPhone用爆弾系モバイルスピーカ「BOOMTUNE BOMB」 - Fire in the Hole!! -
普段iPodイヤホンを接続して使ってるんだけど友人宅や旅行先、出張先などでサクッと音楽を聴きたいことってありますよね。そんなときのために持ち運べるモバイルスピーカーを持ってたりするんですが、私が現在使ってるヤツはちょっと音がショボいのと肝心な時に電池が切れるつう欠点があるんです。最近じゃ第1世代iPod touchでムービーを観たりゲームを楽しんだりすることもあるのでもうちょい勝手のいいスピーカーを探してたんですわ。そんなときに良いタイミングでモバイルスピーカーをもらっちゃったんで使ってみました。コレ、BOOMTUNE BOMB

btbomb.jpg btbomb_onhand.jpg

見ての通り手のひらに乗るコンパクトなスピーカーです。スピーカー1基だけどこのサイズでサウンド出力は2.2W。実際にiPod touchに接続して使ってみるとモノラルながらパワーは十分。音質も結構良いし、この大きさにしてはボリューム上げても音割れも少ないっす。

btbomb_jabara.jpg btbomb_ondesk.jpg

そして、このスピーカーの特徴はベースエクステンダーってヤツ。本体を回すと中からアコーディオンの蛇腹みたいなのがビヨンと伸びる。これにより低音がアップするそうだ。実際伸ばしてみると気持ち低音がアップして音の広がりも出るね。個人的には収納したままでも十分だと思うけど、こうゆう遊びギミックは楽しいわな。

btbomb_movieplay.jpg

iPod touchに接続するとこんな感じ。スピーカーのない第1世代iPod touchや旧iPodに接続すれば音楽やムービーをみんなで楽しめるのはいいスタイルだね。温泉旅行にiPodBOOMTUNE BOMBを持ってって音楽流しながら大富豪とか、想像しただけでも普通に楽しそうでしょw

btbomb_charge.jpg 

電源は内蔵の充電式バッテリ。バッテリ充電はUSB経由で行えるので、コンピュータはもちろんUSB充電ACアダプタからもチャージできます。フル充電すれば8時間程度使えるみたいだから出先で1日やそこらで使うなら継ぎ足し充電なしでもOKかも。心配ならPowerBank slim 2.0とかのUSBモバイルバッテリがあれば無問題。

しかし、ひとつ気に喰わんとこが‥‥。それはケーブル。充電用USBとオーディオが一緒になったケーブルはスマートだけど、持ち忘れたときや無くしてしまったときに別の汎用ケーブルが使えないのがネック。しかもケーブルがちょっと細くて断線しそうで心配なんだわ。別々でもいいから汎用ケーブルのほうが個人的にはよかったなあ。

btbomb_size.jpg btbomb_macbook.jpg

モバイルスピーカーって使用頻度はそれほど多くないけど、イヤホンが煩わしいときやみんなで音楽を共有したいときにはとっても便利。iPhone 3Gや第2世代iPod touchでは既にスピーカーが内蔵されているので必要なさそうに思うけど、BOOMTUNE BOMBみたいないい感じのスピーカーを使うと音質と迫力の違いは歴然。ちなみにMacBookにも接続してみたら内蔵スピーカーより音は良かった。ステレオの必要がなければこれもアリのスタイルです。出張とかにポイッと持って行けるコンパクトサイズでこのパワフルサウンドはうれしい。

それにしても「BOOMTUNE BOMB」、BOMBのネーミングごとくM67手榴弾(通称:アップル・グレネード)っぽいカタチは結構気に入っています。でもせっかくなら、マジ手榴弾型のスピーカーが欲しいんだな。 Frag out~~!!

m67_frag_out.jpg

BOOMTUNE BOMB楽天
BOOMTUNE BOMBAmazon.co.jp

投不成! 掌中炸彈系揚聲器....

テーマ:iPod - ジャンル:コンピュータ

近未来的鍵盤であなたのMacはコックピットスタイル - アルミフレームキーボード「moshi celesta」-
超お気に入りのApple Keyboard(JIS)と台灣蘋果鍵盤なんですが、もっとガッチリしたキーボードがほしい。ってことでmoshiのキーボード「celesta」も使っています。私がキーボードを選ぶ基準としては、1に快適なキータッチ、2に優れたデザイン、3に耐久性。その点で「celesta」は、すべでを満たしているキーボードなんだな。

celesta.jpg

celestaのキーはパンタグラフ方式でキーストロークはMacBookの様に非常に柔らか。浅く指を滑らせるようにタイピングできてレスポンスもいい感じです。以前は、Power Mac G5に同梱されていたキーストロークの深いApple Pro Keyboardを使っていましたが、この手の浅いキータッチに馴れるともう旧式に戻れませんわな。ちなみに、celestaは900万回のキーストロークに耐えられるそうだ。これが一般的なキーボードと比べて長寿命かどうかはわからんのですが、見た目が頑丈なので私の超強力なキーストローク(特にリターン)にも結構耐えてくれそうw

celesta_top.jpg celesta_triangle.jpg

さて、肝心のデザインだけどダイヤモンドカットのアルミニウムフレームが高級な質感で非常にいいんだよね。やっぱりアルミボディは美しい‥‥。そして特徴的なのはそのボディ。大きめで重量があるけど、それがデスク上にしっかり安定してくれます。横から見るとトライアングルでエッジなシェイプがかっちょいいです。

あとキーボードとパームレストが一体になっているのもポイント。このパームレストがあるだけで、手首を添えてリラックスした状態でタイピングできます。人によって好き嫌いはあるかもしれないけど私の場合パームレストは必須。昔はタオル丸めてパームレスト代わりにしたなあ‥‥(涙)。贅沢言えば取り外し可能でクッション性のある素材(テンピュールとかw)を使ってほしかった。あと背面には折りたたみ式のフットスタンドが付いてて、2段階の角度調節ができます。人間工学に基づいたエルゴノミクスデザインってことで見た目も使いやすさも自然で違和感なくMacにマッチするね。

celesta_function.jpg celesta_usb.jpg

「Volume up」「Volume down」「Eject」「Mute」といったマルチメディアファンクションキーももちろん使えます。でもApple Keyboardとは位置が異なるんで最初はちょっと違和感を感じます。まあこれは馴れでカバーできますわ。そして今となっては当たり前だけど、2ポートのUSB 2.0も備えてるのでiPodiPhone 3GUSBメモリーなどの接続もOK。

celesta_led.jpg

celestaMacのUSBポートに接続すると、moshiのロゴがホワイトに美しく光ります。これ、色を変えられるとかMacのスリープ時に柔らかく点滅するとか、もうひとつギミックがあったら良かったなぁ(注文ばっかのワガママな私w)。

 celesta_design.jpg

celestaは、デザインも作りもしっかり、そしてドッシリ鎮座する感じのMac用キーボードなので仕事場とか落ち着いて作業したい場にかなりマッチします。価格は決して安くはないけどコックピットやコントロールパネル的なスタイルが好きならオススメのキーボードです。ちなみに、celestaには、マイクロファイバらしきキーボードダストカバーが付属してます。カバーとしてだけでなく、軽くクリーニングにも使えるし畳むとマウスパッド代わりにもなるみたい。こうゆうの小粋で好きですわ。

それはそうとmoshi製品って店頭で販売されていないのが残念‥‥。
やっぱお店で実物を見て、触って購入したいんだよなあ。
ぜひ、Apple Storeの直営店で展示、そして販売してほしいんだな。

moshi celesta楽天

打、打、打! 蘋果鍵盤...

テーマ:ハードウェア - ジャンル:コンピュータ

コンデジ「キヤノン IXY DIGITAL 110 IS」が気になる - 魅惑のオレンジメカ -
オレンジ色。それは私にとって魅惑の色。オレンジ色の服、食べ物、そして、オレンジのメカ‥‥。あぁ、キヤノンから出やがった、オレンジ色のコンパクトデジカメIXY DIGITAL 110 ISが!!

ixy110color.jpg

現在、デジカメはメイン機の一眼レフ「Canon EOS 40D」、そしてサブ機のコンデジ「IXY DIGITAL 50」を使っています。機動性の高いIXY DIGITAL 50なのですが手ぶれ補正がなかったり、バッテリが劣化してきていたり、ラジコンぶつけてボディがヘコんでたりw。で、そろそろ買い替えたいなぁなんて思ってた矢先にこのオレンジデジカメ。アルミニウムのオレンジボディが悩ましい‥‥。そして、一目で惚れる単純な私w

ixy110_orange.jpg

いやしかし、外見だけじゃんいんだな。もうひとつのポイントは手ぶれ補正機能。カタクナに内蔵フラッシュも三脚も使わない私は、自分の手足をガッチリ固めて撮影することがよくあるんですが、やっぱりブレるんだよね。最近のコンデジでは手ぶれ補正なんて常識なんだろうけど、意外と万年浦島太郎な私にとってはメチャ欲しい機能のひとつ。ISOも3200までいけるのである程度のノイズは覚悟して室内や暗がりでもフラッシュなしでいけそうだね。あとは必要なさそうだけど、「フェイスキャッチテクノロジー」とか「モーションキャッチテクノロジー」もいちおう試してみたいわな。

ixy110_orange_l.jpg

それにしても最近のコンパクトデジカメは1,000万画素超えなんて当たり前だけど、そんないらんって思うんだよね。A4サイズ以上で印刷する機会ってほとんどないし、なにしろファイルサイズがでかくなってハードディスクを圧迫するのがイヤ。画素数が高ければ高画質って訳じゃないんだけどなあ‥‥。そのへん、○ャ○ネット●●●さんとかどう考えてるんだろw

ちなみに、キヤノンからは他にも新モデルの「IXY DIGITAL」が出てます。が、やっぱりオレンジのIXY DIGITAL 110 ISだなあ。機能十分、価格2万円台。ああ、魅惑のオレンジメカ‥‥。

IXY DIGITAL 110 IS楽天
IXY DIGITAL 110 ISAmazon.co.jp

啊啊, 橘色的数數碼相機....

テーマ:デジカメ - ジャンル:写真

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。